クリニックや病院、医院のMEO対策


ホームページ(サイト)は、あくまでもWEB集患(集客)をする上での受け皿にすぎませんので、ホームページ開設したからと言って勝手に患者さんがアクセスしてくれるわけではありません。

なので、クリニックや病院、医院のホームページ(サイト)の制作をした後に必要なのは、そのホームページ(サイト)へのアクセスUPです。

クリニックや病院、医院の地域密着型(ローカル)ビジネスのWEB集患で強いのが、ローカルSEOと呼ばれる【MEO対策】と呼ばれるものです。そもそも【MEO】とはいったい何でしょうか?
 

■MEOとは?

MEOとは、【Map Engine Optimization】の略(頭文字)で、【グーグルマップ最適化】という意味になります。検索エンジンのグーグルのみが対象となりますが、【地域名(駅名)+特定のキーワード】で検索した結果、最初の検索結果画面で表示される3つの関連施設へ表示されるための施策をMEO対策と呼びます。

一般的に、グーグルで【地域名(駅)+科目】もしくは【地域名(駅)+病名(治療法)】といったキーワードを検索した際、その結果として表示されたマップの情報が上位表示として3位までが一番最初に表示されます。

グーグルで、【地域名(駅)+科目】もしくは【地域名(駅)+病名(治療法)】といったキーワードがマップ上で上位表示されたことに対し、ターゲットとなる患者さんからするとこの掲載されている場所は、

『みんなが良くアクセスしているサイト』
『みんなが良く見ているサイト』

といったことを心理上感じ、そのまま上位表示されているサイトの口コミを確認したり、そのままサイトを訪れるといったことが多いです。

このことからグーグルでの検索時に表示されるマップでの表示を上位に引き上げるためのMEO対策は、クリニックや病院、医院のホームページへのアクセス数を増加させるためや直接問い合わせに繋がることから、非常に重要なこととなります。

MEOのルールは、グーグルのアルゴリズムと呼ばれるAI(人工知能)が決めています。原則的に検索をした人々に対し「より有益で、よりためになるホームページを上位表示する」ことが基本定義となりますが、ルールを構成する要素や項目は多岐に亘り、検索順位を規定するアルゴリズムは、非常に複雑な構造となっており、上位への表示に関わる判断基準は頻繁的にバージョンアップされ、また完全に非公開となっており、SEOとはまた違った判断基準も入っています。

グーグルで、ターゲットとなる患者さんが【地域名(駅)+科目】もしくは【地域名(駅)+病名(治療法)】でキーワード検索されても、そのキーワードで、クリニックや病院、医院のサイトがグーグルマップ上で上位表示されなければ、ホームページへのアクセスが集まり難くなってしまうことが上記でご理解いただけたかと思います。

ホームページを使用したWEB集患を重視し、MEO対策を施すのは早いに越したことはありません。では、どのようにクリニックや病院、医院のMEO対策を進めて行けば良いのか?ここでは、その重要となる施策内容をお知らせいたします。

通常クリニックや病院、医院は、ローカルビジネスとなります。場所によっても異なりますが、都心であれば病院の半径500m以内、郊外であれば1km以内、地方だと2km以内が商圏圏内となります。

そういった場合、ターゲットとなる患者さんが検索エンジンでクリニックや病院、医院を検索するキーワードで圧倒的に多いのが、

・地域名(駅)+科目
・地域名(駅)+病名(治療法)

というキーワードです。何故か?簡単です。

特別なことがない限り、ターゲットとなる患者さん自身が住んでいるもしくは働いている職場の近くで、『手軽に』とか『早急に』いった気持ちを誰もが持ち合わせているからです。

【地域名(駅)+科目】もしくは【地域名(駅)+病名(治療法)】でのMEO対策が、ターゲットとなる患者さんの新規獲得に一番近道のキーワードと言えます。

MEOで上位表示させる方法は、いくつか要素があります。その中でも、簡単で基本的な内容を紹介します。
 

●マイビジネスへの登録

まず、グーグルで皆さんの病院(クリニック、医院)の店名を入力し、検索ボタン押します。その時に、検索結果画面の右側に画像付きで、皆さんのクリニックや病院、医院の情報が出てくると思います。その表示された情報の中に『このビジネスのオーナーですか?』といった問いがある場合は、正式にグーグルマイビジネスが登録されておりませんので、そこから正式に登録を進めていきます。
 

●掲載情報の確認

上記のグーグルマイビジネスへの登録で、『このビジネスのオーナーですか?』といった文言がない場合は、正式にグーグルマイビジネスへ登録されておりますので、次にその登録(掲載)内容をチェックをします。ここでのチェックポイントは、記載されている内容が、自サイトや他サイトなどで掲載されている内容(病院名や住所、電話番号など)とイコールであるかどうかといった点です。

いうなれば、グーグルマイビジネス含め、ネットに出ている情報が統一できているかどうかといった点です。住所や営業時間といった基本情報がバラバラになった場合、グーグルマイビジネスへ送るMEOへのパワーは確実に弱まってしまうことから、ネットに出ている情報は確実に統一しましょう。
 

上記2つの基本的なMEO対策を行い、”WEB集患できる競合性の高いキーワード”で上位表示を目指す場合、中々上位表示が難しかったり、上位表示させるまでに1年以上掛かるといったことも多々あります。

このような難しい問題を解消できるサポートサービスがある場合、皆さんならどうされますか?実は、そういったクリニックや病院、医院でのMEO対策事情に詳しく、MEO対策を完全成果報酬で請け負ってくれるところがあります。

MEO対策でクリニックや病院、医院のWEB集患のお悩み解決なら、クラウドツールが対応してくれます!

MEO対策で成功確率を高めるのは、第三者的なプロの介在です。その第三者が【クラウドツール】になります。MEO対策に必要なグーグルマイビジネスにまだ隠れている是正点やその他の強化ポイントを進めるのが第三者の役目であり、サポートとなります。

ただ、クラウドツールがサポートしたからと言って、指定の【地域名(駅)+科目】もしくは【地域名(駅)+病名(治療法)】で、100%上位表示できますといったことではなく、あくまでも上位表示ができるスピードを早めたり、上位表示しやすい環境を整えることができる形となります。

クラウドツールでのMEO対策方法は、競合他社ではあまり行わないMEOに特化していることから、他者よりもMEO対策の実績や信頼度が違います!

病院(クリニック、医院)のMEO対策で

そもそもMEO対策を始めていない…
MEO対策自体が分からない…
早くWEB集患させたい!
WEB集患の結果が出ていない…
既に競合が上位表示している!
といったことで悩まれている場合は、クラウドツールにMEO対策の無料相談してみると良いかもしれません。
 

病院(クリニック、医院)のMEO対策でお悩みならこちらをクリック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。