クリニックや病院、医院のSEO対策


クリニックや病院、医院のホームページを制作した後に必要になってくるのが、WEB集患によるサイト(ホームページ)へのアクセスUPです。

ホームページ(サイト)は、あくまでもWEB集患(集客)をする上での受け皿にすぎませんので、ホームページ開設したからと言って勝手に患者さんがアクセスしてくれるわけではありません。

WEB集患させる手法として、今回お知らせするSEO対策をはじめ、MEO対策、リスティング広告運用、サジェスト対策、SNS対策、メディア戦略(取材記事や番組出演など)といったものが挙げられます。

クリニックや病院、医院でのWEB集患で最初に思いつくのが、SEO対策です。そもそも【SEO】とはいったい何でしょうか?
 

■SEOとは?

一般的に、サイトアクセス者の殆どが、検索エンジンで何らかのキーワードを検索した結果、その結果として表示されたホームページを訪れます。

SEOとは、”Search Engine Optimization”の頭文字で、『検索エンジン最適化』という意味となり、検索エンジンでのTOPにあたりますグーグルやヤフーで、検索したいキーワードを入力の上、検索した際に表示される結果のページに上位表示(1ページ目で1~10位)されるための施策をSEO対策と呼びます。

検索エンジンの結果で出てきたホームページを訪れる際に、あなたは何ページまで閲覧しますか?通常、1ページ目のみを閲覧し、2ページ目やそれ以降のページは閲覧しないんじゃないですか?

事実、WEB解析会社の意識調査の結果で、検索エンジンでキーワード検索した際に1ページ目のみを閲覧する人が、約99%にものぼります!言い換えれば、検索エンジンで2ページ目以降は、殆ど閲覧されない(アクセスが見込まれない)といったことでもあります。

検索時に、自分のホームページの表示を上位に引き上げるための施策【SEO対策】は、ホームページへのアクセスUPさせるために非常に重要な対策となります。

グーグルやヤフーといった検索エンジンのSEOルールは、グーグルのアルゴリズムと呼ばれるAI(人工知能)が決めています。原則的に検索をした人々に対し「より有益で、よりためになるホームページを上位表示する」ことが基本定義となりますが、ルールを構成する要素や項目は多岐に亘り、検索順位を規定するアルゴリズムは、非常に複雑な構造となっており、上位への表示に関わる判断基準は頻繁的にバージョンアップされ、また内容は完全に非公開となっています。

検索エンジンで、ターゲットとなる患者さんがキーワード検索されても、そのキーワードで1ページ目となる上位へ表示されなければ、残念ながら殆どホームページへのアクセスがないといったことが前記でご理解いただけたかと思います。

ホームページを使ったWEB集患を重視し、SEO対策を施すタイミングは、早いに越したことはありません。では、どのようにクリニックや病院、医院のSEO対策を進めて行けば良いのか?ここでは、その重要となる施策内容をお知らせいたします。

通常、クリニックや病院、医院はローカルビジネスとなります。場所によっても異なりますが、都心であれば病院の半径500m以内、郊外であれば1km以内、地方だと2km以内が商圏圏内となります。

そういった場合、ターゲットとなる患者さんが検索するキーワードで圧倒的に多いのが、

・地域名(駅)+科目
・地域名(駅)+病名(治療法)

というキーワードです。何故か?簡単です。

特別なことがない限り、ターゲットとなる患者さん自身が住んでいるもしくは働いている職場の近くで、『手軽に』とか『早急に』いった気持ちを誰もが持ち合わせているからです。

【地域名(駅)+科目】もしくは【地域名(駅)+病名(治療法)】でのSEO対策が、ターゲットとなる患者さんの新規獲得に一番近道のキーワードと言えます。

SEOで、対象キーワードを上位に表示させる方法はいくつか要素があります。その中でも、簡単で基本的な内容を紹介します。
 

■ホームページに主要キーワードを入れる

通常、ホームページはHTMLまたはPHPといった言語で構成されております。その中にSEO対策で重要なタグと呼ばれるTITLE(タイトル)やDESCRIPTION(ディスクリプション)、KEYWORD(キーワード)といった部分がありますが、これらの部分に地域名や科目、具体的な病名(治療法)といったキーワードを入れることからSEO対策は始まります。特にTITLEは、ホームページの顔であり、検索エンジン上での表題にも当たるので、非常に重要です。
 

■ホームページの構成を整える

上記で触れましたホームページを構築している言語で、重要なタグをお知らせしましたが、その他ホームページを構成する言語には構成するためのルールがきちんとした存在します。

そのルールを破り、ハチャメチャな形で構成してしまったり、検索エンジンのアルゴリズムが嫌う内容(スパム=迷惑)で行いますと、グーグルのアルゴリズムから確実に嫌われてしまい、ホームページの評価を下げ、上位表示への道は閉ざされてしまいます。ホームページの校正は技術的なものとなりますが、グーグルのアルゴリズムは、デザインなどは見ずに、こういった記述内容を上位表示への判定基準としているため、非常に重要な要素となります。
 

■ホームページの更新頻度

古い情報といった過去の情報がいつまでもトップページに記載されているホームページは、アクセスしてきた人々にとっては見るに値しないホームページとなり、この内容はグーグルでも判定基準として設けられているため、更新がないホームページは、アクセスした人々にとって有益な情報が少ないと判断し、上位表示の妨げになります。

このことからブログページやブお知らせページなどをきちんと設定し、ターゲットとなる患者さんに見てもらえるよう頻繁的に情報を発信しながら、ホームページのページ数(コンテンツ数)も自然に増やしていくことが重要となります。
 

■スマホへの最適化

当たり前となったスマホページの存在ですが、スマホ用のページ内の構成が最適化されているか否かで検索エンジン上での検索順位は変動します。これは現在、スマートフォンの保有率が80%近くになり、スマホでの検索数がパソコンでの検索数を完全に上回っていることから、スマホページの構成内容が非常に重要となり、最適化されていないスマホページは閲覧者に有益ではないといった判断をグーグルのアルゴリズムが判定し、ホームページの評価を下げてしまうためです。

現状では、スマホ用のページがあるのは当たり前で、そのページが最適化されているかどうか?最適化の進捗具合はどうか?といったことで、評価が上がったり下がったりといった環境に変化しました。

SEO対策以外でもスマホページの最適化は、利用者の利便性向上にもつながりますので、そういった点でも早急な対応が必要です。
 

ここまでが基本、クリニックや病院、医院側で行う施策になります。この基本的な内容を自身で全て行うのは、多大なる時間と手間がかかるので、正直難しいところもありますし、行えたとしても上位表示が狙えない時も多々あります。では、どうするか?

このような難しい問題を解消できるSEO対策のサポートサービスがあります。特にクリニックや病院、医院でのSEO対策の事情に詳しく、SEO対策を成果報酬で請け負ってくれ、SEO対策でWEB集患のお悩みを解決する【クラウドツール】というところが対応してくれます!

SEO対策で成功確率を高めるのは、第三者的なプロの介在です。その第三者が【クラウドツール】になります。SEO対策に必要なHTMLやPHP言語の調整サポートやコンテンツ更新サポート、評価の高いクリニックや病院、医院や病院と関連性ある他サイトからのバックアップといったことが第三者の役目であり、サポートとなります。

クラウドツールは、SEO対策業者ではなく、マーケティングのコンサルティング会社が運営していることから、単なる検索エンジン上での上位表示が目的ではなく、あくまでも新規のターゲットとなる患者さんを獲得のために必要なSEO対策を総合的に提案してくれます。

マーケティングが絡んだ最適なSEO対策で上位表示を目指すと、上位表示からのアクセスアップだけではなく、来院の成約率もグッと高まります。

クリニックや病院、医院のSEO対策で

早くWEB集患させたい!
そもそもSEO対策を始めていない…
WEB集患の結果が出ていない…
SEO対策自体が分からない…
SEOのペナルティが怖い!

といったことで悩まれているクリニックや病院、医院さんは、クラウドツールに無料相談してみると良いかもしれません。
 

スマホのSEO対策

クリニックや病院、医院のSEO対策でお悩みならコチラをクリック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。